あがり症克服 > あがり症克服-薬物療法

あがり症克服-β遮断薬で克服する

あがり症克服-β遮断薬で克服する

β遮断薬はもともと高血圧や狭心症、不整脈や心筋梗塞を予防する薬として広く用いられてきました。
また、β遮断薬は頭痛に対する効果も認められています。
しかし、1960代に心理面に対する効果について研究され、あがり症など社会不安を克服することが証明されました。
現在では、動悸や震え、口の渇きや発汗などのあがり症を克服する薬として使用されるようになってきました。

β遮断薬は身体にどのように作用するのでしょうか。
私たちの身体の器官には「β受容体」と呼ばれる微小な部分が備わっており、β遮断薬はその部分に働きかける薬です。
β受容体ではノルアドレナリンやアドレナリンなどの神経伝達物質が作用して、発汗や口の渇き、動悸などを引き起こしているのです。
そこでβ遮断薬を服用すると、β受容体でのこれらの物質の働きを抑えることができるのです。

β遮断薬は、即効性の高さで知られています。
ここにバイオリン奏者に対する興味深い調査があります。
演奏の数時間前にβ遮断薬を服用したことにより「あがり症」の症状が克服されました。
この調査では、β遮断薬のもう1つの効果も判明しました。
「手の震え」が抑えられたのです。
手に震えが抑えられたことにより、演奏の質まで向上したようです。

ここで注意しなければならないことは、あがり症の症状が和らげられただけで、演奏者の能力が高まったというものではない、ということです。
薬を服用する前に、このことはよく理解しておきたいものです。

あがり症克服-β遮断薬で克服する
posted by あがり症克服 | あがり症克服-薬物療法

あがり症克服-β遮断薬を使用する時の注意点

あがり症克服-β遮断薬を使用する時の注意点

β遮断薬であがり症を克服する時にも、さまざまな注意点があります。
β遮断薬には心臓障害の一部、ぜんそくなどの薬との併用において禁忌がありますので医師の指示に従って服用する必要があります。
また、あがり症には強い効果が期待できますが、「内気」や「全般性社会恐怖」には効果がまったく無いということも理解しておきましょう。

この薬には即効性があるため、不安をもたらす状況になる約1時間前に服用すればいいようです。
不安を感じることが事前に分かっているような講演会や演奏会などが始まる前に、あらかじめ服用しておくのです。
不安を感じる1時間くらい前に、医師から指示された量を服用することで、効果が数時間にわたって持続します。
そして、定期的にこの薬を服用することで、しだいに薬の必要性を感じなくなり、薬に頼らなくても済むようになることも多いようです。
薬を服用しながらであっても、不安を感じる状況にしだいに慣れていき、やがて薬なしでも対応できるようになるようです。
つまり、あがり症を克服するためにβ遮断薬に過度に依存してしまう危険性は高くない、ということです。

β遮断薬の使用状況は国によってもさまざまで、例えばフランスでは「一時的な感情の高ぶりの結果、動悸や心拍数などに障害が発生した時」に限られています。
一方、アメリカでの使用状況は一般化しています。
プロミュージシャンのうち、約30パーセントがコンサート前に服用しているというデータもあります。
また、その人達の70パーセント以上が医師の指示によってではなく、自己判断によって服用しています。

あがり症克服-β遮断薬を使用する時の注意点
posted by あがり症克服 | あがり症克服-薬物療法

あがり症克服-精神安定剤や抗うつ剤を使用する

あがり症克服-精神安定剤や抗うつ剤を使用する

精神安定剤を服用することであがり症を克服することができます。
最も多く用いられている精神安定剤は「ベンゾジアゼピン」という薬です。
ベンゾジアゼピンはあがり症など、不安を原因とする症状や、筋肉の硬直など「身体反応」に対して高い効果を発揮します。
しかし、この薬を服用したからといって他人と積極的に関われるようになったり、他人の視線に対してたじろがずに行動できるようになったりできません。
つまり、一時的な不安を取り除くことはできても、行動様式を変えるまでの効用はないようです。
また、あがり症を克服するためにベンジゾアゼピンを服用し、その服用を途中でやめてしまうと、より強い不安を感じてしまうこともあります。
つまり、リバウンドとしてあがり症の症状がより強くなってしまうこともあるのです。
加えてこの薬は依存性が高く、長期間にわたって服用し続けると効果が薄れていくという欠点もあります。
このような理由から最近ではベンジゾアゼピンがあがり症の克服に対して処方されなくなってきました。
現在では、あがり症よりも症状の重い「社会恐怖」と呼ばれる精神疾患の患者に対してのみ処方されるようになりました。

抗うつ剤もあがり症の克服に効果があるといわれています。
うつ病でなくても処方されるケースがあるのです。
なぜなら、抗うつ剤はネガティブな考え方や不安な感情、不自然な行動などあらゆる症状においてポジティブな効果が期待できるからです。

あがり症克服-精神安定剤や抗うつ剤を使用する
posted by あがり症克服 | あがり症克服-薬物療法

あがり症克服-抗うつ剤を使用する時の注意点

あがり症克服-抗うつ剤を使用する時の注意点

抗うつ剤もあがり症の克服に対して使用されていますが、すべての抗うつ剤があがり症の克服に対して効果があるとは限りません。
例えば従来から多く使用されてきた「三環系抗うつ剤」と呼ばれる薬はあがり症など「社会不安」に対しては効果が薄いと言われています。
あがり症の克服に使用される抗うつ剤は「SSRI」と呼ばれる比較的新しいタイプの薬です。
この薬の特徴は、従来の抗うつ剤が様々な神経伝達物質に作用するのに対し、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質にのみ作用することにあります。
セロトニンは心理的な障害に最も関わりが深いとされる神経伝達物質で、SSRIは神経の終末部分でセロトニンの量を正常に近い量にする効果があります。
SSRIはこのようにピンポイントで働きかけることに加え、副作用も少ないとされています。
さらに、この薬は「うつ」の治療だけでなく、「パニック障害」や「強迫性障害」の不安を抑える効果もあることから、様々な場面で処方されています。

抗うつ剤を日常的に使用するためには、医師の指示に従い、多くの点に注意しなければなりません。
抗うつ剤の服用はβ遮断薬と異なり、処方期間が短時間で終了するのではなく、少なくても半年から一年、場合によっては数年以上にかけて続ける必要があります。
また、数ヶ月の服用のおかげで効果が現れたとしても、そこで満足して服用を止めてしまってはいけません。
突然服用を止めるとリバウンドの症状が発生することもあるようです。

抗うつ剤の使用については注意点が多いことから、必ず医師の処方に従うことが必要になります。
そして、抗うつ剤を使用したあがり症の克服には心理的なサポート、つまり心理療法も併用して行うことが多いようです。

あがり症克服-抗うつ剤を使用する時の注意点
posted by あがり症克服 | あがり症克服-薬物療法

あがり症克服-薬物療法で克服する

あがり症克服-薬物療法で克服する

あがり症を克服する方法として、薬物を使用した方法があります。
薬物、つまり薬を服用してあがり症を克服しようとするものです。
薬物療法のひとつに「向精神薬」を服用する方法があります。
向精神薬とは精神安定剤や抗うつ剤、鎮痛剤や睡眠剤のこといい、中枢神経系に作用して精神に影響を及ぼす薬のことを指します。
これらの効用は、現在陥っている状況を変えて、克服に向けて治癒していく「きっかけ」を与える、というものです。
つまり、薬物を服用するだけで「あがり症」を克服することはできないのです。
そのため、薬の効果を高めたり、薬の服用を止めたりしたときの再発を防ぐために、心理療法との併用が望ましいといわれています。

向精神薬の使用上の注意点は沢山あります。
まず、医師によって定められた服用量を厳守することです。
そして、あらかじめ服用期間を決めておき、その薬の効果が現れているかどうか定期的に医師に診断してもらうことも必要です。
副作用がひどい薬は避けたほうがいいようですが、副作用があったとしても薬の効果を上回らないようにしましょう。
医師による診断のもと、その薬が本当に必要かどうかよく考えて、薬が一定の効果をもたらす場合にのみ服用しなければなりません。
効果が期待できないのに長期間にわたって薬物を服用し続けることは、むしろ害となるようです。
薬物による治療は、心理療養を併用して始めて効果が現れるといいます。
そのため、薬物を服用する時は心理的なサポートを併せて行いたいものです。
定期的に医師に診断してもらい、本格的な心理療法を採用すれば、薬物による効果は大きく現れることでしょう。

あがり症克服-薬物療法で克服する
posted by あがり症克服 | あがり症克服-薬物療法