あがり症克服 > あがり症克服-心理療法

あがり症克服-心理療法を併用する

あがり症克服-心理療法を併用する

あがり症の克服には、薬物療法に加えて心理療法の併用が望ましいと言われています。
あがり症を克服しようと薬物療法を行っている人に対して精神的にバックアップし、的確なアドバイスを行うことが心理療法の目的となっています。
薬剤に期待できる効用は、あがり症という障害を取り除くことではなく「あがってしまう」という不安を軽くすることだけだからです。
また、短期間では薬物療法のほうが高い効果が得られたが長期間にわたる効果は心理療法のほうが高い、という報告もあります。

薬物療法は、あがり症という「社会不安」を乗り越えるきっかけを作ることになります。
しかし、同じような状況に遭遇するたびに繰り返される「あがり症」という症状は大きく心に根付いているため、これを完全に取り除くためには薬だけでは不十分です。
あがり症を克服するためには、別の考え方や行動様式を身に付けることが重要になってくるのです。
そのためにも、心理療法は非常に重要な手段となっています。

心理療法はどのように行われるのでしょうか。
心理療法では「あがり症」に悩む人が、「あがってしまう」状況に積極的に立ち向かうようにサポートしていくことになります。
重要なポイントは、苦手な状況から逃げ出さないこと、ものの見方や考え方を変化させること、上手なコミュニケーションの仕方を学ぶことにあります。
心理療法においては、薬物療法を併用するか否かに関わらず、このような方法で行われるようです。

あがり症克服-心理療法を併用する
posted by あがり症克服 | あがり症克服-心理療法