あがり症克服 > あがり症克服-羞恥心

あがり症克服-羞恥心を乗り越える

あがり症克服-羞恥心を乗り越える

あがり症の人にとって、恥ずかしいという気持ち、つまり羞恥心は最も重要な感情の1つであると思います。
緊張してあがってしまう状況においては、自分の言ったことや行ったことを「レベルの低いこと」であると思い込み、後悔と劣等感を感じることもあるようです。
あがり症でない人は、このような感情をなかなか理解することは難しいのですが、あがり症の人にとっては非常に重要なポイントであるようです。
また、あがってしまう状況が終わった後も「あんなことを言わなければよかった」とか「あのような態度は失敗したかも」などと、くよくよ悩んでしまうのです。
このような羞恥心はあがり症の症状をさらに重いものにしてしまいます。
この羞恥心を乗り越えることが、あがり症を克服することにもつながっているようです。

あがり症の人から日常感じている不安や、羞恥心を取り除くことは非常に難しいことと言われています。
そこで、あがり症を克服するために、羞恥心と上手に付き合ってみてはどうでしょうか。
恥ずかしさを感じないようにするのではなく、恥ずかしいと感じる範囲や程度を最小限に抑えるように努力するのです。

羞恥心を感じると、ついつい自分の殻に閉じこもってしまいがちです。
また、自分の感情を表に出さず、隠そうとしてしまいます。
このようなことを繰り返せば、あがり症の症状はさらに悪化してしまうことでしょう。

自分の気持ちを上手に表現できるようになれば、羞恥心強く感じることも少なくなるはずです。
そのためには、他人と積極的にコミュニケーションすることです。

あがり症克服-羞恥心を乗り越える
posted by あがり症克服 | あがり症克服-羞恥心