あがり症克服 > あがり症克服-原因

あがり症克服-原因を考える

あがり症克服-原因を考える

あがり症を克服する前に、あがり症の原因を考えてみましょう。
あがり症の克服方法のヒントが隠されているかもしれません。

あがり症の原因は「横隔神経」にある、という考え方があります。
横隔神経とは、横隔膜を動かす神経のことで、横隔膜は横隔神経の伸び縮みによって上下に動いています。
横隔神経は横隔膜と喉を結んでいる、2本の太い神経です。

横隔神経の働きは、横隔膜を動かすだけではありません。
心の状態や完成に大きな影響を与えていると考えられています。
例えば、突然驚かされた時に呼吸が止まってしまうことがあります。
これは、突然驚かされたことにより横隔神経が縮んで、結果的に横隔膜が上に吊り上り、呼吸が止まってしまうのです。
横隔膜は非常にデリケートな神経で、驚きや不安、緊張などに即座に反応してしまうようです。
あがり症の症状が出る背景には、必ずストレスが存在しています。
横隔神経はこのストレスに非常に弱い神経であるということです。
あがり症の原因は横隔神経にある、という考え方の根拠はこのようなところにあるようです。
逆の言い方をすると、横隔神経を鍛えることによって、あがり症を克服できる、ということではないでしょうか。

あがり症である人は、緊張する場面において手が震えたり、汗をかいたり、下痢をしたりなどの症状が現れることがあるようです。
これらは自律神経の失調による症状ですが、横隔神経を鍛えることにより、これらの症状も改善していくようです。

あがり症克服-原因を考える
posted by あがり症克服 | あがり症克服-原因