あがり症克服 > あがり症克服-認知療法 > あがり症克服-考え方を変えて克服する

あがり症克服-考え方を変えて克服する

あがり症克服-考え方を変えて克服する

あがり症を克服するためには、その人の考え方自体を変えていく必要もあると思います。
ものの見方を変える訓練は認知療法とも呼ばれ、あがり症の克服に有効な訓練法であると言われています。
この訓練は、あがってしまうという社会不安を感じる人の認知、つまりものの見方を改善する訓練です。

あがり症の原因は、他人の評価を必要以上に恐れるところにあります。
例えば「店のレジで商品を購入する」とか「マンションの住人とエレベータ内で雑談を交わす」などの行動があります。
他の人にとっては、ごく当たり前の行動であっても、あがり症の人達にとっては緊張してしまう行動であるようです。
あがり症という社会不安を抱え込んでしまっている人は、こんな時でさえ他人に評価されていると感じてしまうのです。
加えて、あがり症の人は苦手な状況に置かれた時の自分の不自然な行動や消極的な考え方、身体反応などにも過剰に意識を集中させてしまうようです。
手が震えていることを気づかれたらどうしようとか、自分の考え方を見透かされたらどうしようなどと考えてしまうのです。

しかし、ほとんどの場合、これらはあがり症の人が勝手に思い込んでいることに過ぎません。
認知療法ではこうした思い込みを改善して修正する目的で訓練していきます。

あがり症の人は悩ませているものは、物自体ではなく、物事の考え方にあるのです。
そのため、あがり症を克服するためには、物事の考え方を変えなくてはなりません。

あがり症克服-考え方を変えて克服する
posted by あがり症克服 | あがり症克服-認知療法
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17256805

この記事へのトラックバック