あがり症克服 > あがり症を克服する前に > あがり症を克服する前に考えること

あがり症を克服する前に考えること

あがり症を克服する前に考えること

人前に出ると過剰に緊張して冷や汗が出てしまったり、顔が赤くなったりしてしまう人はあがり症です。
大勢の人を前にすると言葉が出てこずに上手に話せない、視線が気になって食事ができない、手が震えて字を書くことができない、という人もいることでしょう。
このようなあがり症の人は、その症状を何とか克服したいと考えるものです。
人前であがってしまったり、顔が赤くなってしまったりすることは誰にでもあることです。
知らない人が沢山いる前で話をしなければならない状況や、好きな人が目の前にいるような状況では、どんな人でも緊張しドキドキしてしまうものなのです。
それは自然な現象で異常ではなく、何も心配することはありません。

しかし、度を過ぎたあがり症で社会に適応できず、家に閉じこり会社や学校に行けない人もいるようです。
あがり症があると、しだいに人と関わることを避けるようになってきます。
緊張してあがってしまうのを恐れて、おのずとそのような状況に自分を置くことを避けてしまうのです。
そのようか環境が続けば、自分の世界に閉じこもるようになり、社会から隔絶してしまうのです。
こうなってしまうと悪循環で、人とコミュニケーションできないことが、さらにあがり症の症状を悪化させてしまうのです。
健全な社会生活を営んでいくためには、人とのコミュニケーションが不可欠です。
家に閉じこもり、他人とのコミュニケーションを自ら絶ってしまうような人は、専門の医療機関に相談してあがり症を克服すべきでしょう。

あがり症を克服する前に考えること
posted by あがり症克服 | あがり症を克服する前に
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17256802

この記事へのトラックバック