あがり症克服 > あがり症克服-呼吸法 > あがり症克服-呼吸法で克服する

あがり症克服-呼吸法で克服する

あがり症克服-呼吸法で克服する

あがり症は病気や気持ちの持ち方ではなく、身体の癖であるとも言われています。
つまり、あがり症は長い年月によって積み重ねられた身体の悪い癖であるということです。
その悪い癖は、呼吸法を変えることによって改善されることもあるようです。
腹式呼吸を行うことにより、横隔膜を鍛えてあがり症を克服できるケースもあるのです。

これは、あがり症の原因は横隔神経にあるという考え方に基づいて、呼吸法を変化させてあがり症を克服していこうとするものです。
呼吸法を変化させることによって克服されるのは、あがり症だけではありません。
あがり症と同時に赤面症や吃音、自律神経失調症の改善にも効果がありようです。

横隔神経を鍛えることにより、不安や緊張、イライラといった情緒の不安定が少なくなるようです。
そのため、あがり症以外の赤面症などの改善にも効果があるということです。

普段の呼吸は無意識のうちに行われています。
呼吸方法について意識している人は少ないようです。
自分が普段、どのような呼吸を行っているのか知っている人はほとんどいません。
しかし、一方で意識的に呼吸法を変化させることもできます。
また、呼吸法を変えることは誰にでもでき、何歳からでも始めることができます。
加えて特別な費用がかかるわけでもありません。

あがり症を克服したい人は、呼吸法を意識して変化させてみてください。
腹式呼吸を行うことにより、横隔膜と横隔神経を鍛えてあがり症を克服してみましょう。

あがり症克服-呼吸法で克服する
posted by あがり症克服 | あがり症克服-呼吸法
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17256792

この記事へのトラックバック